職場旅行.comsyokuba-ryoko.com

社員旅行・職場旅行なら、旅コレクションの職場旅行.comへ。
感性豊かな想像力を発揮した企画力が定評です。

お気軽にお問い合わせください

0120-915-439

月曜~金曜 10:00~18:00

土曜 10:00~14:00/
日曜・祝日 休業

  • CONTACT

職場・社員旅行 参加率アップの秘訣!【ターゲット(対象者)別】

こんにちは、職場旅行.COMです。

職場・社員旅行を企画する際に、幹事様が一番気になるのは
やはり、社員の皆様の「参加率」ではないでしょうか。
社員旅行終了後の振り返りの場(会社によっては反省会とも呼ばれているかと思います)にて
時には上司から参加率が低下している理由など、フィードバックされることもあり
幹事様の悩みの一つでもあるかと思われます。
今回は、社員様の「参加率」をアップできるような企画とポイントをご紹介いたします。

 

★ポイントは、社内での【参加率が低い層】を分析することから始めましょう!
例えば【年齢層】【女性社員(独身、または既婚&主婦&小さなお子様を持つママさん社員の方)】など。
参加率の低い層の社員様の中から参加者数が増えれば、自ずと会社全体の参加率も上がります。
【どの層をターゲットにして企画を組むか】がポイントです。

 

対象となるターゲット別に企画のポイントをご紹介いたしますので、是非ご参考になさってください!

 

 

【1】参加率アップの企画とポイント -女性社員編-
女性社員様の参加率を上げる企画をする際に、ポイントなるのは次の3つです。

travel_woman

 

<ポイント1>  乙女ゴコロをくすぐるスポットや、体験を取り入れる!
例えば。。。
★パワースポット、縁結びの神様がいる神社参拝を取り入れる

女性がついつい気になるキーワード、『パワースポット』『縁むすび』。

縁結びの神様といえば、出雲大社(島根県)が有名ですが、他にも貴船神社(京都府)や伊勢神宮(三重県)、

首都近郊なら川越氷川神社(埼玉県)、箱根神社(神奈川県) など有名な神社がたくさんあります。

★旅先で『キレイになる』『憧れの○○に変身する』要素を盛り込む
女性なら誰でも秘かな変身願望を持っているもの。
舞妓さんやお姫様の衣装に着替えたり、『着物で京都の町を歩いてみたい』といった願望が
叶えられる時間をプランの中に設けるのも、旅への楽しい気分が高まります。
最近では『寺ガール』と呼ばれるように、御朱印帳集めや寺社での『朝のお勤め体験』への興味を
持たれている女性も増えています。
外見だけではなく、内面も浄化してキレイになる、心を磨ける要素を盛り込むのもお勧めです。

maikosan

 

★旅先でしかできない体験をする!

真珠の取り出し体験(三重県)や、江戸切子の製作体験(東京都)など、普段なかなか出来ない

体験が出来るのも、旅の醍醐味です。

他にも、食品サンプル作りなど、カワイイものが大好きな女性にはお勧めの企画となります。

 

<ポイント2>  ワンランク上の宿に泊まってみる

例えば。。。

★オーシャンビューのお部屋に宿泊

日本は海に囲まれているため、意外とオーシャンビューのホテルが多いんです!

オーシャンビューの眺望風呂など、温泉付きの宿泊施設でもリゾート感を重視した
ホテルを選ばれると、旅への気持ちも高まります。
中にはサウナ以外に岩盤浴付きのホテルなども人気がありますね。

他とは一味違う宿を選んでみてはいかがでしょうか。

 

 

★自分では泊まれないホテルに宿泊

リッツカールトン大阪や、東京の帝国ホテルなど、名前は知っているけど泊まるとなると

なかなか手が出ない、そんなホテルや高級温泉旅館を企画することも、コツの一つです。

 

 

<ポイント3>  グルメにこだわる

例えば。。。

★ご当地の高級食材を取り入れる

北は北海道から、南は沖縄まで、日本にはご当地の高級食材がたくさんあります。

その土地ならではのグルメを旅行中に取り入れてみてはいかがでしょうか。

この3つのポイントを押さえれば、女子社員様の心をつかむ旅行が企画できること、間違いなしです。

 
【2】参加率アップの企画とコツ -家を空けにくい社員様編-

子育てや介護など、なかなか家を泊りがけで開け辛い社員様も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな社員様にも参加してもらいやすい旅行を計画するポイントは次の2つです。

<ポイント1>  旅行の期間を短くする
例えば。。。

★日帰りバス旅行を計画

首都近郊からでも日帰りで行ける場所は意外とたくさんあります。

少し早い集合時間を設定すれば、軽井沢(長野県)の方面まで足を延ばすことも可能です。

なかなか泊まりの旅行に参加の出来ない社員様には、日帰り旅行を計画すると、参加率がアップします。

 

★食事会を計画

食事会と言っても、近くの居酒屋で食事をするのではなく、クルーズ船や、屋形船、

高級ホテルのディナーブッフェなど、一味違う食事会を計画することで旅行気分を上げることが出来ます。
いかがでしたでしょうか?

 

【なぜ参加できないのか?(しないのか?)】
その理由について社内アンケートを取るのも良いでしょう。

問題点を解決するような企画が組めれば、参加者数も増え、社員旅行はますます盛り上がることでしょう!

ページトップへ
Close ×